3Kではなくやりがいのある訪問介護

介護業界のやりがい探索

このサイトの目的

介護業界の今を詳しくご紹介しています。介護業界は、高齢化を背景にそのニーズが年々高まってきており求人も沢山の件数があります。それでも人員不足なのは3Kのイメージが影響しています。実際には3Kなどと感じないくらいに現場の皆さんはやりがいを感じて働いていらっしゃいます。そんな介護業界に興味のある人に向けて介護業界のやりがいを紹介し、仕事探しのきっかけにしてもらうためのサイトです。お問い合わせ:kaigoyarigai0510@yahoo.co.jp

もはや介護業界は3Kではない

自分の力で生活することが困難な人、他人の助けがないと日常生活を送れない人のためにサービスを提供するのが介護の仕事です。介護の仕事は3Kとして扱われることが多いですが、実際にはやりがいを持って仕事をしている人がたくさんいます。高齢化社会の日本では、今後介護に対する需要は高まっていくことでしょう。現在では介護サービスを利用して高齢者の面倒をみてもらう家庭も増えています。介護業界では、IT化で業務負担を軽減したり特定のサービスに特化したりと3Kとは程遠い職場になってきています。

  • 派遣で高給与

    続きを読む 派遣で高給与高齢化社会といわれる現代では、介護業界などが安定していると人気ですが、その反面、給料が安いなどの理由で難色を示している人も数多くいます。こういった影響を受けて介護業界でも人手不足が問題となっています。ですが、そんな介護業界は今、派遣で働くことで人気が出て来ています。派遣といえば、正社員と比べてももらえる給料が低く、お金に対するイメージは良くないはずです。ここでは、介護業界で正社員よりも稼げる派遣社員について詳しくご紹介しています。
  • 一流ホテルのような勤務先

    続きを読む 一流ホテルのような勤務先老人ホームと聞くと、詳しくはわからないけど、なんとなく地味で暗いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。ですが、近頃の有料老人ホームはリーズナブルな価格帯でも華やかで明るい施設が増えてきています。また、豪華な景観や充実の設備が売りの一流ホテルのような高級老人ホームも人気が高まってきています。そんな高級老人ホームとはどんなところで、どんな暮らしが待っているのでしょうか?ここでは、高級老人ホームについて詳しくご紹介しています。
  • IT化で業務負担の削減

    続きを読む IT化で業務負担の削減介護現場では、食事、排泄、入浴を生きていくうえで不可欠な介助業務として、三大介護と呼んで最重要視されています。それに加えて介護施設では高齢者が日常を過ごすためのレクリエーションの運営も大切な業務の1つです。個人の嗜好に応じて体操をしたり、絵を書いたり、ゲームを行ったり、将棋や麻雀などを楽しむといった活動です。ですが、三大介護に追われる現場職員にとっては、その準備にまではなかなか手が回らないのが実情です。ここでは、IT化で業務負担の削減をするということについて詳しくご紹介しています。

もはや介護業界は3Kではない

おすすめカテゴリ