訪問介護と違った意味でやりがいのある高給老人ホーム

介護業界のやりがい探索

このサイトの目的

介護業界の今を詳しくご紹介しています。介護業界は、高齢化を背景にそのニーズが年々高まってきており求人も沢山の件数があります。それでも人員不足なのは3Kのイメージが影響しています。実際には3Kなどと感じないくらいに現場の皆さんはやりがいを感じて働いていらっしゃいます。そんな介護業界に興味のある人に向けて介護業界のやりがいを紹介し、仕事探しのきっかけにしてもらうためのサイトです。

一流ホテルのような勤務先

一流ホテルのような勤務先

LINEで送る
Pocket

超豪華有料老人ホーム

特別養護老人ホームは、低所得者でも利用しやすいように費用が設定されているため非常に人気の施設となっています。ですが、入所までの待機期間が長いなどの問題があります。それに比べ民間企業が運営する有料老人ホームは高額ではありますが、入所までに時間がかからずサービスも充実しているのが特徴です。
高級老人ホームの一番の特徴は、何と言っても入居費用が桁違いなところです。中には億単位というところもあるくらいその差は歴然としています。当然ながら、これらの費用が払える人は限られてくるので、利用者さんの職業も経営者などが多いようです。億単位とまではいかなくても数百万円~数千万円単位というところも数多くあり、入居者のニーズに合わせた高級老人ホームはどこも人気です。

設備も食事も豪華

費用が高いので当然それに見合うだけのサービスが充実しています。まずは施設の設備ですが、趣味や娯楽の時間を満足するまで楽しんでもらえるような内容が用意されているところがほとんどです。
例えばシアタールームや音響の完備、たくさんの書籍など、入居者の趣味の数だけ設備が整っているといっても過言ではありません。年間行事などのイベントも数多く開催されており、豪華で何度も旅行を楽しんでいるような気分になれるなど、毎日退屈せずに過ごせるようになっています。また食事ですが、こちらもバリエーション豊富で多彩なメニューが用意されています。食材も厳選され、超一流の味が毎日楽しめるような贅沢な内容です。

万全の体制

老人ホームに求められるものは設備や食事なども大切かもしれませんが、なによりも安心感です。これは入居者だけではなく、その家族にもいえることで、高級老人ホームだからというものではありません。人の命を預かる場として、老人ホームは強い責任を持つ必要があります。ですから、施設運営者側もそこで働くスタッフもそれに見合った心構えは欠かせません。
高級老人ホームの場合は、入居者による費用によってそれらを最大限に高めることができます。よって安心感を高めたい人にとっては非常にありがたい施設といえます。介護の現場で度々問題視されているようなスタッフ不足に悩まされることもまずありません。
また、入居者が安心感を得るために欠かせないのが、医療サービスです。老人ホームは病院とは違いますから、スタッフの多くが介護の経験はあっても、医療に関わる知識や経験はほぼ皆無です。仮に常勤の看護師が配置されていたとしても医師と違い、できることは限られますし、夜間は不在であり対応が遅れることもあります。高級老人ホームはこれらの不安を補うために、医療サービスに万全の体制を整えているところがほとんどです。病院が併設されていたり、24時間体制で医師と看護師が配置されていたりと緊急時の対策も万全です。
さらに定期的な人間ドックを行っていたり、リハビリの個別対応が整っているなど日々の予防や病気の早期発見にも備えているのです。こういった万全の体制の高級老人ホームでは、24時間安心して過ごすことができます。
例えば、警備会社のセコムグループが運営する神奈川の高級老人ホーム「コンフォートガーデンあざみ野」は、入居するには高級マンションを購入するほどの費用がかかりますが、それに見合う医・食・住が大変充実しています。こちらが、コンフォートガーデンあざみ野のウェブサイトです。

コンフォートガーデンあざみ野ロゴ

入居者の満足度が高いのは当然のことですが、ここに勤務する介護士のやりがいと満足度も非常に高いのです。

2015/10/26

おすすめカテゴリ