介護業界のやりがいと課題

介護業界のやりがい探索

このサイトの目的

介護業界の今を詳しくご紹介しています。介護業界は、高齢化を背景にそのニーズが年々高まってきており求人も沢山の件数があります。それでも人員不足なのは3Kのイメージが影響しています。実際には3Kなどと感じないくらいに現場の皆さんはやりがいを感じて働いていらっしゃいます。そんな介護業界に興味のある人に向けて介護業界のやりがいを紹介し、仕事探しのきっかけにしてもらうためのサイトです。お問い合わせ:kaigoyarigai0510@yahoo.co.jp

成長し続ける介護業界

成長し続ける介護業界

LINEで送る
Pocket

拡大し続ける介護業界

高齢化社会を迎えている日本。そんな日本だからこそ介護福祉士が最も必要とされているのです。そんな介護業界を目指すためには現状を知ることが最も重要です。介護業界の規模を見てみると、主要企業の売上は7000億円以上となっています。平成17年度以降は毎年上昇を続けており、介護業界は拡大傾向にあるといえるでしょう。年々高齢者は増加傾向にあり今の介護・福祉業界はどんどんと拡大しています。要介護認定者数はこの12年間で約2倍以上にも増えています。さらに10年後には高齢者が800万人を超えるともいわれています。

介護・福祉業界の課題

高齢化社会の影響により拡大している介護業界ですが課題がないわけではありません。まずは人材の確保と育成が重要な課題とされています。高齢者が増えるということは、福祉サービスを担う人材も自ずと必要になります。ですが需要に比べて、サービスを担う人材は全く足りていません。
最近では政治でも福祉に対する課題や認識が高まりつつあります。資格を取るための奨学金制度、専門性の高い資格制度とする為の法改正も進んでいます。ですが、仕事に対して意欲の高い人材、介護というハードワークに立ち向かう姿勢を持った人材は足りないのが現状です。

サイトポリシー

著作権
当サイト内の文章や画像、資料等の著作権は、当サイトが保有しています。当サイトの許可無く複製や転用、販売を行うことはできません。ただし、配布を前提としたテンプレートや雛形などに関しては、そのかぎりではありません。

免責事項
掲載している内容には、できるかぎり注意を払っております。ですが、正確性や完全性を保証するものではありません。また予告なく内容を変更することもあります。本サイトをご利用されたことで、直接、間接的に生じた損害については一切の責任を当サイトは負いません。
広告に関するサイトポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告を表示しています。 第三者が提供する広告配信サービスは、ユーザーへ興味のある広告を配信するためにCookieを利用しユーザーのサイトへのアクセス情報を記録しています。 この記録された情報には、氏名や住所、電話番号などの個人情報は含まれていません。詳しくはGoogleポリシーと規約をご覧ください。 またCookie機能をオフにすることで、ご自身の行動情報を第三者に提供しないように設定することができます。Cookie機能をオフにするには、Cookie無効などでの検索をお願いいたします。

当サイトへのお問い合わせは下記のメールアドレスまでお願いいたします。
メールアドレス:kaigoyarigai0510@yahoo.co.jp

2015/10/19

おすすめカテゴリ