訪問介護や施設介護、ケアマネージャーなど職種別のやりがい

介護業界のやりがい探索

このサイトの目的

介護業界の今を詳しくご紹介しています。介護業界は、高齢化を背景にそのニーズが年々高まってきており求人も沢山の件数があります。それでも人員不足なのは3Kのイメージが影響しています。実際には3Kなどと感じないくらいに現場の皆さんはやりがいを感じて働いていらっしゃいます。そんな介護業界に興味のある人に向けて介護業界のやりがいを紹介し、仕事探しのきっかけにしてもらうためのサイトです。お問い合わせ:kaigoyarigai0510@yahoo.co.jp

職種別で見るやりがい

介護業界と言っても様々な職種があります。住み慣れた自宅でそれまでと変わらない生活をしながら、施設と同様の介護支援サービスを受けたいという訪問介護の需要は高まっています。訪問介護は要介護者のいる自宅に訪問し、さまざまなサービスを実施します。入浴や食事、排泄といった介護、他にも調理や洗濯などの家事、介護に関する相談や助言などの仕事もあります。日常生活におけるさまざまなお世話をすることで、家族からは感謝されます。この感謝こそが介護の仕事をしていて最もやりがいを感じる瞬間です。

  • 自身の成長に繋がる訪問介護

    続きを読む 自身の成長に繋がる訪問介護訪問介護は、直接利用者の体に触れて排泄や食事の介助などを行う身体介護と買い物代行や掃除、洗濯などを支援する生活支援の2種類に分けられます。訪問介護のやりがいは沢山あり、一言では言い表せないほどです。ただわかりやすくいうと、訪問介護に行くことで利用者の方が喜んでくれたり、利用者の方が今までできなかったことをできるようになったときの喜びにあります。その時には、介護している側も成長させてもらっています。ここでは、自分の成長にも繋がる訪問介護について詳しくご紹介します。
  • 笑顔が見れる介護福祉士

    続きを読む 笑顔が見れる介護福祉士いかなる仕事であっても人の役に立つことで嫌な思いをする人はいないでしょう。これは介護業界でも同じことです。介護を求める人にとっては、介護福祉士は人生の大切なパートナーといえます。相手を気遣う気持ちというのはそのまま介護される人にダイレクトに伝わっていきます。そしてその気持ちが、感謝の気持ちとして介護福祉士に戻ってきてくれます。信頼関係が成立する介護職は、感謝であふれた笑顔に出会える仕事です。 ここでは、介護福祉士のやりがいや充実感について詳しくご紹介しています。
  • 問題を解決するケアマネージャー

    続きを読む 問題を解決するケアマネージャー介護の問題で自分自身が疲れきってしまいよくない方向へと進んでしまうケースが多々あります。家族介護や在宅介護では、介護をする方も相当の労力を使います。そんな問題を解決するのに、大きな役割を担うのがケアマネジャーです。ケアマネージャーの役割は、要介護者やその家族と介護のプロを繋ぐケアプランを作成することです。サービス内容がわからないという初歩的な悩みから、料金の問題など幅広く対応してくれます。ここでは、ケアマネージャーという仕事について詳しくご紹介しています。

職種別で見るやりがい

おすすめカテゴリ